幼児教育

サンタさんっているの?クリスマスが楽しみになるおすすめの絵本20選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わくわくするクリスマスシーズン!

「ママ!サンタさんっているの?」「サンタさんってどこに住んでいるの?」「どうしてサンタさんはプレゼントくれるの?」子ども達から矢継ぎ早に質問され、思わず口ごもってしまった経験はありませんか?

子どもに分かりやすくクリスマスを教えたい!そんな時、手にして頂きたいのがクリスマスの絵本です。クリスマスの絵本は、クリスマスについて知ることができるのはもちろん、優しい気持ちや、人に親切にすることの大切さを描いたものがたくさんあります。

そこで今回は、クリエイティブキッズおすすめのクリスマス絵本を、一挙に20冊ご紹介!

今年の冬は、クリスマスの絵本で温かな心をお子様に伝えてあげましょう。

1、クリスマスには絵本をプレゼントしよう!

お子様やお孫さんへのクリスマスプレゼントに、絵本を選ぶ人はたくさんいます。書店の絵本コーナーもクリスマス一色!普段は見かけないラインナップが数多く揃っていますよね。

  • クリスマスって何?が分かる絵本
  • 優しい心や人に親切にする気持ちが学べる絵本
  • クリスマスをテーマにした仕掛け絵本
  • お馴染みのキャラクターと一緒にクリスマスを楽しむ絵本

など、選びきれないほどの種類があります。

たくさんあって選べない!という方もご安心下さい。これから、クリスマスにちなんだ絵本をカテゴリー別にご紹介していきます!

是非、お子様やお孫さんと一緒に絵本を読んで、例年より楽しいクリスマスを過ごして下さいね。

2、おすすめのクリスマス絵本20選

それでは、クリスマスにちなんだ絵本を一挙にご紹介していきます。

(1)クリスマスって何?がわかる絵本

はじめに、クリスマスのなぜ?どうして?に答えてくれる絵本をご紹介していきます。

  • クリスマスおめでとう ひぐち みちこ(著) 価格:¥1,320(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

クリスマスはイエスキリストの誕生日ですが、そのことを子どもに教えるのは難しいですよね。でもこの絵本なら大丈夫!イエスキリストの誕生を祝うクリスマスを、子どもに分かりやすい表現で伝えてくれます。子どもにクリスマスの本当の意味を伝えたい!そんなママパパにおすすめの一冊です。

  • クリスマスってなあに ディック・ブルーナ(著)・舟崎 靖子(翻訳)価格:¥1,650(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

子ども達が大好きなキャラクター!「ミッフィー」の作者が描いた、子どものためのクリスマス絵本。白と金を基調とした特別感溢れるデザインは、子ども心にも「スペシャルな絵本」ということが分かります。クリスマスの意味を語り継ぎたい。特別な思い出として残したい。そんな方におすすめの絵本です。

  • クリスマスのものがたり フェリクス・ホフマン(著)・しょうの こうきち(翻訳) 価格:¥1,430(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

スイスの画家、フェリックス・ホフマンが最後に描いた絵本。キリストの誕生を真正面から描いた作品で、他とは一線を画す絵本に仕上がっています。実は、ホフマンは大変な子ども好きで、自身の4人の子ども達にもよく絵本を読んであげていたようです。そんなホフマンが描くクリスマスの物語なら、優しい気持ちで読み進めることができそうですね。

(2)みんなが読んでいるベストセラーの絵本

続いて、多くの人に読まれているベストセラーをご紹介していきます。

  • さんかくサンタ tupera tupera(著) 価格:¥1,320(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

こちらは、子どもが虜になる絵本を次々と生み出すユニット「tupera tupera」のクリスマス絵本。リズミカルなテンポで読めるため、赤ちゃんや小さなお子様にも大人気!サンタさんはもちろん、丸・三角・四角といった形を覚えるのにも役立ちます。

  • サンタのおまじない 菊地 清(著) 価格:¥1,540(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

おまじないをかけると…野菜がクリスマスにちなんだ色々なものに変身!おまじないの種明かしをすると、実は「切絵」!お子様と一緒に、絵本に登場する切絵に挑戦するのも楽しそうですね。「いち・にい・サンタ」というおまじないの言葉も、子ども達が喜ぶポイントです!

  • あのね、サンタの国ではね… 嘉納 純子(著)・松本 智年(著)・一色 恭子(著)・黒井 健 (イラスト) 価格:¥1,320(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

サンタさんが注目されるのは12月だけですが、実は一年中やることがいっぱい!そんな大忙しなサンタさんの一年を、ユーモアたっぷりに描いた作品です。絵本によると、いい子を探しに行くには7月!「クリスマス直前にイイ子になっても遅いよ~!」なんていう親子の会話も弾みそうですね。

  • クリスマスのふしぎなはこ 長谷川 摂子(著)・斉藤 俊行(イラスト) 価格:¥972(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

偶然見つけた箱を開けると…何とそこにはサンタが!どうやらこの不思議な箱は、サンタさんが今何をしているのか見えるようです。サンタさん来るかな?まだかな?主人公の期待と高揚感が、あたかも自分のことのように子どもの胸に響きます。1・2歳の子には少しストーリーが長いかな?と感じますが、意外に夢中になって物語に引き込まれる子が多いようです!

  • クリスマスの三つのおくりもの 全3冊 林 明子(著) 価格:¥1,815(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

こちらは、人気絵本作家の林明子さんが手がけたクリスマス絵本。手のひらサイズの絵本が3冊セットになっています。クリスマスに3兄弟が活躍する話がおさめられているのですが、どれも夢があるストーリーで心が温かくなりますよ。小さなお子様の手にピッタリなサイズも、嬉しいポイントですね。

  • おおきいツリーちいさいツリー ロバート・バリー(著)・光吉 夏弥(翻訳) 価格:¥1,430(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

ウィロビーさんのお家に届いた「先っぽが曲がったツリー」を巡り、楽しいお話がどんどん展開されていきます。細かく描きこまれた挿絵は、海外作家ならでは!ページは多めですが、この挿絵のお陰で幼稚園生でも楽しめます。1977年から読み継がれているベストセラーを、お子様にも是非!

(3)パパママもおなじみ、ロングセラーの絵本

続いては、もしかするとママパパも読んだ経験があるかもしれない、クリスマス絵本のロングセラーをご紹介していきます。

  • ぐりとぐらのおきゃくさま なかがわ りえこ(著)・やまわき ゆりこ(イラスト) 価格:¥990(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

皆さんお馴染みの「ぐりとぐら」は、何と1966年からずっと読み継がれているロングセラー!多くの受賞歴がある、非常に評価の高い絵本です。そんな「ぐりぐらシリーズ」からも、クリスマスの物語が登場しています。森で遊んでいる最中にみつけた大きな足跡をたどってみると…そこには赤い服と帽子が!もしかしてこの人は!?続きは是非お子様と楽しんで下さいね。

  • さむがりやのサンタ レイモンド・ブリッグズ(著)・すがはら ひろくに(翻訳) 価格:¥1,320(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

1974年から読まれているクリスマス絵本。サンタのおじさんだって、実は疲れている!本当はプレゼントを配りに出掛けるのも面倒くさい!そんな、ユーモアたっぷりの絵本がこちらです。現代に語り継がれているサンタはどれもクリーンなイメージですが、こちらの絵本に登場するサンタさんは、人間味が溢れ親近感が湧きますよ。面倒くさいと言いつつ、優しさが垣間見える描写にも注目です。

(4)シリーズのクリスマス絵本

続いて、人気シリーズのクリスマス絵本をご紹介していきます!

  • ノンタン!サンタクロースだよ キヨノ サチコ(著) 価格:¥770(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

みんな大好き!ノンタンのシリーズにも、クリスマスの物語がありますよ。サンタさんにプレゼントをお願いしたいノンタンですが、なぜか出会うのは違う動物のサンタばかり。「ねこサンタ」にはなかなか会えません。果たして、ノンタンはプレゼントをもらうことができるのでしょうか?私もこちらの絵本を持っていますが、子ども達に大人気!クリスマスシーズン以外にも、読んでとせがまれるほどです。

  • アンパンマンのサンタクロース やなせ たかし(著) 価格:¥1,100(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

大人気!アンパンマンの絵本シリーズからも、クリスマスの物語が登場しています。アンパンマンとサンタクロースという、子ども達が大好きな二つの要素が詰まっているため、人気が出ないわけがありませんね!普段見ているアニメとはちょっと違う、アンパンマンのユーモラスな姿にも注目です。

(5)楽しい仕掛け絵本

精巧に作り込まれた仕掛けがワクワク感を生みだす!楽しい仕掛け絵本をご紹介していきます。

  • メリークリスマス ペネロペ アン グットマン (著)・ゲオルグ ハレンスレーベン (著)・Anne Gutman(著)・Georg Hallensleben(原著)・ひがし かずこ (翻訳) 価格:¥2,530(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

みんな大好き!ペネロペの物語が、楽しい仕掛け絵本になりました。ペネロペ達の楽しいクリスマスパーティーを覗いてみると、そこにはビックリするような仕掛けがたくさん。子ども達も興味津々で絵本に釘付けになりますよ。

  • まどからのおくりもの 五味 太郎(著) 価格:¥1,100(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

クリスマスの夜、サンタさんが一軒一軒贈り物を届けますが…あれれ!?何かがおかしい!穴のあいた仕掛けがもたらす「目の錯覚」を利用した、楽しい仕掛け絵本です。私の子ども達も大好きで、「サンタさん、違うよ!」などと口々に言い合いながら読んでいますよ。

  • ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス ジャネット アルバーグ(著)・アラン ・アルバーグ(著)・ Janet Ahlberg(原著)・Allan Ahlberg (現著)・ 佐野  洋子(翻訳) 価格:¥1,980(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

絵本を開くと、何と郵便屋さんからのお手紙が!物語の中で届いたお手紙が、実際に絵本に入っているという珍しい仕掛けの絵本です。こんな夢のある仕掛けを、子ども達が喜ばないわけがありませんよね!文字の量は多めですが、仕掛けの効果で小さな子も飽きずに楽しめますよ。

  • ゆめのゆき エリック カール(著)・Eric Carle(原著)・あおき  ひさこ(翻訳) 価格:¥2,640(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

「はらぺこあおむし」で有名なエリックカールさんの作品。動物達にプレゼントを準備する、サンタのおじいさんを題材にした物語です。透明なフィルムで降りしきる雪を表現したり、鈴の音が鳴る音の仕掛けがあったり、工夫満載の一冊!エリックカール氏の、美しく色彩豊かな挿絵にも大注目ですね。

(6)大人も楽しめる絵本

最後に、大人も楽しめる絵本を紹介します。どれも素晴らしい挿絵が魅力です!

  • 急行「北極号」クリス・ヴァン・オールズバーグ(著)・Chris Van Allsburg(著)・村上 春樹(翻訳) 価格:¥1,650(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

サンタクロースを待つ少年のもとに現れた汽車。幻想的に描かれた絵は、見るものの心を捕らえて離しません。信じることの素晴らしさ、純粋な気持ちを持ち続けることの難しさを伝えてくれる一冊です。

  • ビロードのうさぎ マージェリィ・W・ビアンコ(著)・酒井 駒子(イラスト・翻訳) 価格:¥1,650(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

男の子にプレゼントされたビロードのうさぎ。しかし、新たなおもちゃが来ると忘れ去られ…。おもちゃを大切にする心や、物の価値について考えさせられる物語です。子ども向けの挿絵とは一味違う、本格的な絵も涙を誘います。大人はもちろん、就学前頃のお子様にもおすすめの一冊。

  • トリックアートクリスマス 北岡 明佳(監修)・ グループ・コロンブス(文・構成) 価格:¥1,430(税込)

Amazon:https://www.amazon.co.jp

「トリックアート=だまし絵」をテーマにしたクリスマス絵本。探し絵は意外に子どもの方が得意で、競うと大人が負けてしまうことも多々あります!色鮮やかな色彩はまるで美術作品で、見ているだけで満たされますよ。

まとめ

クリスマスにおすすめの絵本を、一挙にご紹介していきました!

クリスマス絵本は、お子様の心を豊かにするだけでなく、読み聞かせをしているママパパまで幸せにしてくれるものばかり。お子様やお孫さんへのプレゼントはもちろん、お友達同士のクリスマスパーティーの手土産にしても喜ばれること間違いありません!

クリスマス絵本が、皆さまに幸せを届けてくれますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

PAGE TOP