その他

赤ちゃんにおすすめのスキンケア用品15選と具体的な使用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「赤ちゃんのスキンケア、何をいつからやったらいいんだろう?」

あなたはそうお考えではないですか?

ご存じかもしれませんが、赤ちゃんこそスキンケアが重要だという研究結果が増え、様々な赤ちゃん用スキンケアグッズが各社から発売されています。

でも、具体的に何を使ったらいいか、どのように使ったらいいか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、メディア「クリエイティブキッズ」が徹底リサーチした上で赤ちゃんのスキンケア方法をご紹介していきます。この記事を読むことで赤ちゃんのスキンケア対策はばっちりになるでしょう。

しかも、近年では

  • 正しいスキンケアすることでアトピーなども軽減される研究報告
  • 2歳〜3歳まできちんとスキンケアしておくことで綺麗なお肌のベースができて肌荒れしにくくなる研究結果

出てきています。この記事を読むことがお子さんが中長期的に綺麗な肌でいられることにも繋がります。

ご参考になれば幸いです。

目次

1、 そもそも赤ちゃんにスキンケアは必要?

「赤ちゃん肌」と言われるように、赤ちゃんの肌はみずみずしくスキンケアは不要なイメージがあります。
実際、スキンケアをしていない親御さんも多いようです。

しかし、結論から申し上げると赤ちゃんにスキンケアは必要です
なぜなら、赤ちゃんの肌は繊細でデリケートだからです。意外に思われるかもしれませんが、赤ちゃんの肌は乾燥しやすく荒れやすいのです

赤ちゃんの肌を清潔な状態にした、かつみずみずしく乾燥から守るためにスキンケアは必要なのです。

2、 赤ちゃんのスキンケアを始める時期は?

では、具体的にいつからスキンケアを始めたらいいのでしょうか?

(1)スキンケアは生まれてすぐに!

結論としては、生まれた直後からスタートさせるようにしましょう。

具体的には、生まれてから1ヵ月は毎日お風呂に入れてあげて意識的に洗うようにしましょう
というのは、生まれた直後はテストステロンというホルモンの分泌が活発となり、これが皮脂に詰まるとニキビとなります。

ですので、生まれた直後の皮脂が詰まりやすい段階ではホディ用シャンプーなどでしっかり洗うようにしましょう

(2)生まれてから2ヵ月目以降は徹底して保湿!

次に生まれてから2ヵ月後の段階では今度は積極的に保湿するようにしましょう。

というのは、先ほどもお伝えしたように赤ちゃんは生まれてから1ヵ月前後の間は皮脂が過剰分泌されているので乾燥しにくい状態になっていますが、2ヵ月後のタイミングから皮脂の過剰分泌がおさまり乾燥しやすくなるからです

3、 赤ちゃんに適したスキンケアの種類は?

赤ちゃんにはどのようなスキンケアが適しているのでしょうか。
それは大人と同じと言えます。

具体的には以下の3つです。

  • 洗浄(お肌を綺麗にする)
  • 保湿(お肌をみずみずしい状態に保つ)
  • 紫外線対策(UVケア)

以下ではそれぞれの具体的な方法について説明していきます。

4、 洗浄のためのおすすめアイテムと具体的な方法

まずはスキンケアの中でも洗浄の具体的な方法について説明していきます。

(1) 洗浄に力を入れるべき時期

①いつから洗浄に力を入れるべき?

先ほど「2、赤ちゃんのスキンケアを始める時期は?」でもお話しましたが、洗浄は生まれてすぐのタイミングから力を入れて取り組むようにしましょう。

②1年のうちで特に洗浄に力を入れるべきタイミングは?

その後季節としては、特に夏は汗をかきやすいのでマメに洗うようにしましょう。

(2) 洗浄のためのおすすめスキンケアアイテム5選

まず、洗浄のためのおすすめアイテムの選び方のポイントをご紹介していきます。

  • セラミドと呼ばれるお肌のみずみずしい成分を保護しながら洗える
  • 泡タイプなど泡立ちがよく、お肌をやさしく洗える
  • 汗や汚れをしっかり落とせるもの

では、具体的におすすめのアイテムを5つご紹介していきます。

①weledaカレンドラ ベビーウォッシュ&シャンプー

出典:https://www.weleda.jp/shopping

②ミヨシ石鹸 無添加 泡で出てくるベビーせっけん

出典:https://www.miyoshisoap.com/products/category4.html

③ピジョン 全身泡ソープ

出典:https://products.pigeon.co.jp/category/index-35.html

④パックスベビー ソープ(固形石鹸)

出典:https://www.taiyo-yushi.co.jp/soap/products/baby/index.html

⑤牛乳石鹸 キューピー 全身ベビーソープ 泡タイプ

出典:http://www.cow-soap.co.jp

(3) 部位別!洗浄の方法

では、先ほど紹介したようなアイテムを実際にどのように使えばいいのでしょうか?
顔、頭、体の部位別にご紹介していきます。

大前提としては、素手で優しく洗うようにしましょう。
先ほどもお伝えしたように、ボディソープやシャンプーをしっかりで泡立てて素手で包み込むように洗いましょう

① 顔

まず顔の洗い方です。
以下の部分も忘れずに全身を優しく洗いましょう。

  • Tゾーン
  • 耳の後ろ
  • 小鼻

洗い終わったらよくすすぎましょう。
ボディソープなどの洗浄料が残ると肌荒れの原因となります

② 頭

次に頭です。できるだけ専用のヘアシャンプーを使いましょう。

シャンプーをしっかり泡立てて、こすりすぎずに指の腹で優しく洗いましょう。

すすぎはシャワーを使ってOKです。洗浄料が残ると肌荒れの原因となるのでしっかり流しましょう。

③ 体

最後は体です。

顔と同じように、専用のボディソープを十分に泡立てて包み込むように指で洗いましょう。

以下の部分を含めて全身をくまなく洗うようにしましょう。

  • 手足のクビレ
  • 股の間

体も顔と同じようによくすすぎましょう。

5、 保湿のためのおすすめアイテムと具体的な方法

(1) 保湿に力を入れるべき時期

① 保湿を始めるべき時期は?

先ほどもお伝えしましたが、まず保湿を始める時期は生まれてから2ヶ月後以降です。そこから継続的に行うようにしましょう。

② 1日のうちで保湿をすべきタイミングは?

次に1日のうちで保湿をすべきタイミングですが、まずは朝一番で行うようにしましょう。

また、汗をかいた後や沐浴の後に身体を拭いたタイミングでも保湿するとよいでしょう。また、顔を拭く度に保湿するようにしましょう。こまめな保湿が重要です。

(2) 保湿のためのおすすめアイテム5選

まず、保湿のためのローションやクリーム、オイルなどの選び方としては、赤ちゃん専用で刺激が少ないものを選びましょう。

オススメは肌の潤いを保つ成分である「セラミド」の働きを助けるものです

では、具体的におすすめのアイテムを5つご紹介していきます。

①weledaカレンドラローション

出典:https://www.weleda.jp/topics/special/recommend_201709/

ベビーだけでなく、家族中で使えます。

②erbaviva ベビーリップ Cバーム(リップ&チーク)

出典:http://www.johnmasters-select.jp/s/f/dsg-84?dispNo=

デリケートな時期のママにもベビーにも使えて便利。

③アラウ アラウベビープラス モイストローション


出典:http://www.arau.jp/baby/products/lotion.html

④和光堂 ミルふわ ベビーミルキーローション


出典:http://www.wakodo.co.jp/product/nyuuyouji/skincare/milufuwa/

⑤ママアンドキッズ ベビーミルキーローション


出典:http://www.natural-s.jp/shop/g/g519/

(3) 部位別!保湿の方法

保湿剤の塗り方もまた非常に重要になってきます。
以下体の部位別に保湿の方法を説明していきます。

① 顔

まず、保湿剤を手に取り、顔にバランスよく点在させていきます。それらを素手で優しく伸ばしていきます。

乾燥しやすい目や口の周りを重点的に塗りましょう。耳の後ろなど見落としがちな部位も含めて顔全体に伸ばすようにしましょう

② 頭

次は頭です。

髪の毛を分けてその間に保湿剤を塗り込んでいきましょう。

① 体

体全体に保湿剤を点在させましょう。

そして顔と同じように素手で優しく体全体に伸ばしましょう。

忘れがちな脇の下や手足の付け根も含めてしっかり塗るようにしましょう

6、紫外線対策(UVケア)のためのおすすめアイテムと具体的な方法

(1) UVケアに力を入れるべき時期

①UVケアを始める時期は?

UVケアは外にお出かけするようになったタイミングで開始するようにしましょう。

②1日のうちで紫外線に気をつけるべきタイミングとは?

1日のうちで紫外線に気をつけるべきなのは午前10:00〜午後4:00です。特に夏は外出を控えるようにしましょう。外出する際もきちんと日焼け止めを塗り、さらに帽子をかぶるなどの対策をしましょう。

なお、日焼け対策としては直射日光に気をつけるだけではなく、地面からの照り返しにも気をつけるようにしましょう

(2) UVケアのためのおすすめアイテム3選

まず日焼け止めアイテムの選び方としては、できれば保湿効果もあるものがよいでしょう

なお、刺激が比較的少ないアルコールフリーのものがおすすめです。

では、具体的におすすめのアイテムを3つご紹介していきます。

①【WELEDA】エーデルワイス UVプロテクト SPF33 PA++

出典:http://www.cosmekitchen-webstore.jp
しっとりしたテクスチャーで日焼け止め特有のギシギシ感がありません。

②【MAMA BUTTER】UVケアミルク 無香料


出典:http://www.bxe.co.jp/mamabutter/products/uvmilk-2/

③マミー UVマイルドジェルN


出典:http://www.isehan.co.jp/mommy/product/uv_mild_gel/

(3)部位別!紫外線対策(UVケア)の方法

露出されている部分には優しく満遍なく塗るようにしましょう。

塗り方としても、素手で優しく広げていくようにしましょう。

また、顔に塗るときも同様です。おでこや頬、鼻の頭を中心に塗りましょう。

7、その他のおすすめスキンケアアイテム2選

(1)オムツかぶれの時にお尻専用で便利な「erbavivaのDクリーム(ダイパー)」

出典:http://www.johnmasters-select.jp/s/f/dsg-622

(2)虫除け「アロベビー UV&アウトドアミスト」

出典:https://xn--08j5aygsc0712d5zi6zp.com/

赤ちゃんに虫除けは必須!赤ちゃん用虫除けスプレーで蚊の脅威から徹底ガード!

まとめ

今回は赤ちゃんのスキンケアの方法について説明してきましたがいかがでしょうか?

おすすめのスキンケア商品や塗り方についてきちんと知って頂いた上で、お子さんが中長期的に綺麗な肌でいられる親御さんが一人でも増えれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

PAGE TOP