イベント

子どもの髪カットを上手に仕上がるコツと子ども向け美容院4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すぐに伸びる子どもの髪の毛。毎回美容室へ行くのは大変なので、セルフカットしている!というご家庭も多いのでは?

しかし、上手にカットできず毎回ガタガタ・・・本当はもっと素敵なヘアスタイルにしてあげたいのに!というジレンマを抱えるママパパもいるでしょう。

そこで今回は、子どもの髪を上手にカットするコツを男女別に徹底調査!おすすめのヘアカット道具も多数ご紹介していきます。

この記事さえよんで頂ければ、可愛い&カッコイイ髪型にできること間違いなし!「本当にセルフカット!?」と言われるようなヘアスタイルを目指しましょう。

目次

1、実は難しい、子どもの髪カット

美容師さんは鮮やかな手さばきで簡単にカットしているように見えますが、実際に子どもの髪を切ってみると、難しいことが分かると思います!

  • 少し切るつもりが、調整する間にどんどん短くなってしまった。
  • グラデーションがなく、いかにも素人が切った残念な髪型になってしまった。

このような経験があるママパパも少なくないのでは?

一方で、このような失敗を経て徐々にコツが分かり、上手にカットできるようになるのも事実です。

これからご紹介するカットのコツを読み進め、イメトレできたらカットに挑戦!「髪の毛はいずれ伸びる」の精神で、少々の失敗は恐れずトライしてみましょう。

ちなみに、お子様のカットデビューは生後6ヶ月~1歳頃が多いよう。子どもの毛量や伸びるスピードには個人差があるため、様子をみながらタイミングを見計らって下さいね。

2、子どもの髪を切るには、まず環境を整えよう

子どもの髪を切るには、「プチ美容室」のような環境を整えましょう!

(1)カット道具を揃えよう

子どもの髪なら、家にあるハサミで十分なのでは?そう思って準備なしで挑むと、後悔することになりかねません。

「100均でもいいから髪専用のハサミを準備すべき!」と美容師さんも言うほど、ヘアカットには【専用の道具】が大切なのです。

  • ハサミ
  • すきバサミ
  • バリカン
  • くし
  • 髪留め
  • ケープ・レジャーシート(新聞紙でもOK)

などを準備しましょう。特に、すきバサミはグラデーションをつけるのに便利です!

(2)家を美容室に変身させよう

子どものヘアカットに1番おすすめの場所は、ズバリ「お風呂場」!

お風呂場にレジャーシートや新聞紙を敷き詰め、その上にお風呂用の椅子をセットすれば即席美容室の出来上がり。カット後に散らばった髪は、レジャーシートや新聞紙でキャッチしてゴミ箱へ。

お子様を裸にしてカットすれば、くっついた髪の毛もお風呂でそのまま流すことができますよ!

暴れるのが心配!という方には、リビングでDVDなどを見せながらカットするのがおすすめです。

お風呂場同様、床に新聞紙などを敷き詰めて椅子を置けばOK!それでも散らばった髪の毛は、掃除機で吸い取りましょう。この際、子どもの気が散りそうなおもちゃなどは事前に片づけておいて下さいね。

(3)子どもの「機嫌」も大事なポイント

小さい子は髪を切る意味が分からず、慣れないことにギャン泣きしてしまうこともよくあります。

そのため、お互いにストレスなくヘアカットするには、極力【空腹時】や【眠い時間帯】を避けるのがおすすめです。

暴れてハサミで怪我をしてしまうことは絶対に避けなければいけないため、数度に分けて切ったり、少し切り揃える程度なら寝ている隙に終わらせたりするのも一つの方法です。

3、髪の毛を切るコツ【男の子編】

女の子よりも、切る頻度や分量が多い男の子。上手に切るコツをマスターし、カッコイイ髪型を目指しましょう!

(1)あらかじめ全体の雰囲気を決めておく

いきなり髪を切る前に、全体的にどんな雰囲気にするか決めておくことが大切です!

  • 横や後ろ、前髪の長さはどうするか
  • ラインはどこに揃えるか

この2点をしっかり決めておけば、あとはそれに従い切っていくだけ!ある程度切ったら、ラインに沿ってすきバサミを入れて馴染ませましょう。この作業で【こなれ感】が出せますよ!

(2)横→後ろ→トップ→前の順番でカット!

切る時には、【横→後ろ→トップ→前】の順番に進めていきましょう。

この際一気に切ろうとするのではなく、クリップを使いブロッキングしながら少しずつ進めていくのがおすすめ!横の毛は膨らみがちなため、表面の髪の毛をとめて内側をすきバサミですきましょう。

トップは、中間あたりからすきバサミで切り進めていきましょう。トップは毛量が多いため、思い切ってザクザク切ってOKです!

あとは、雰囲気を見ながら全体的にすきバサミで整えれば完成です。

(3)バリカンがメインで仕上げることも

クリップやはさみを使えば美しく仕上がることが分かりましたが、じっとしていられない小さな子どもでも大丈夫かな・・・と不安になったママパパもいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、「バリカン」をメインに仕上げる方法です!

バリカンを使うため短めのヘア―スタイルにはなりますが、一気に終わるため簡単。後ろとサイドを刈り上げたら、トップをすきバサミで馴染ませるとツーブロック風のカッコイイ雰囲気に仕上がります!難しい場合は、坊主頭も選択肢の一つです

最近では、好みの長さで刈ることができる「アダプター」付きのバリカンもあるため、すきバサミ無しで仕上げることもできますよ。おすすめのバリカンを後ほどご紹介するので、お見逃しなく!

4、髪の毛を切るコツ【女の子編】

男の子に比べると、ヘアカットする機会が少ない女の子。

しかし、その分お洒落へのこだわりが強いため失敗できないプレッシャーも感じますよね!女の子を可愛い髪型に仕上げるコツを見ていきましょう。

(1)後ろ→両サイド→前髪の順番でカット

女の子の場合、伸ばしてアレンジを楽しむ子もたくさんいますよね。その場合【後ろ→両サイド→前髪】の順でカットをスタートしていきましょう。

各ブロックをクリップで留め、切る部分だけをおろしながら少しずつカット!髪を「人差し指」と「中指」で挟むことで、定規代わりになりますよ。この時、霧吹きで軽く濡らしておくと切りやすくてGOOD!

両サイドははさみを縦にし、顔まわりから後ろにかけて長くなるように切ると、お洒落に仕上がります。

(2)前髪は「ラウンドバング」がおすすめ

女の子の可愛さを引き出すには、アーチ型の「ラウンドバング」の前髪がおすすめ!

前髪を濡らし、全ての前髪を真ん中に集めて指で固定したら、そのまま垂直にカット!指で前髪を固定したまま、今度は縦にハサミを入れて馴染ませるように切るだけで、可愛らしいラウンドバングの出来上がり!最後にくしでとかし、ラウンドに整えれば完璧です。

前髪カットだけなら、ブロッキングする必要もないため手軽に切ることができそうですね。

5、子ども向けのおすすめヘアカット道具

ヘアカットのコツが分かったところで、おすすめの道具を種類別にご紹介していきます。

(1)はさみ

①貝印 サンパツセット カット&スキハサミ&クシのセット キャップ付き

こちらは、ハサミ・すきバサミ・くしの3点が揃う便利なセット!「マイクロセレーション加工」で、髪を逃さず綺麗に切ることができます。付属のくしは、目が細かいものと荒いものの2種類があり便利です!

②コンビ ベビーレーベル さんぱつバサミ&クシセット

ベビー用品に定評のある「コンビ」から発売されている、ハサミとくしのセット。先端が丸いため、新生児から安心して使えます。アーチ形状のくしは、赤ちゃんの小さな頭にもピッタリフィット!

③ピップベビー ベビー 散髪ハサミ

シンプルなヘアカット専用のハサミだけが欲しい!そんな方におすすめなのがこちら。刃先が丸いため安心して使えるのはもちろん、切れ味がよく満足!という口コミも多数寄せられている商品です。

(2)ケープ

①子供 散髪ケープ ヘアエプロン

パッと広げるだけで、髪の毛の飛び散りを防いでくれるヘアエプロン。折りたためばコンパクトになり、収納も楽々!首元でサイズ調整ができるため、長く使えるのも魅力です。

②コジット New散髪マント ベビー用

1歳~6歳頃までの小さなお子様専用の散髪マント。子どもが喜ぶ可愛らしい柄なので、散髪が苦手な子でもスムーズにカットできるかもしれませんね!

③EZOM 子供用 おうちで ヘアカット ケープ

こちらも、パッと広げて使えるタイプのヘアカットケープ。防水シートタイプのため、洗って繰り返し使うことができますよ。もちろん、小さく折りたためるので収納にも困りません!

(3)バリカン、ヘアカッター

①コンビ 洗えるバリカン ポップブルー

6ヶ月頃から使用できる、子ども向けのバリカンがこちら!刈り高さを5段階で調節できるため、刈り上げスタイルからおかっぱヘアまで幅広く対応することができますよ!防滴構造で水洗いOKなのも嬉しいポイントです。

②X‐Jang 赤ちゃん用バリカン 子供ヘアーカッター

手頃なお値段が魅力の子ども用バリカン。アタッチメントで4段階の刈り高さを選ぶことができます。セラミック製の刃は赤ちゃんの皮膚を傷つけにくいため、安心して使えるのが嬉しいポイント。音も小さいため、バリカンの音が苦手な子にも便利です!

③Mino 乳幼児用ヘアカッター

乳幼児用のことを考え抜いて作られたヘアカッターがこちら。カットされた髪の毛が吸引されるヘアボックス付きのため、後始末も簡単。子どもが痒がるのも防げます。柔らかく丸い刃先は、デリケートなお子様の肌にも安心です!

④パナソニック バリカン ER-GF80-S

豊富なアタッチメントが魅力の本格的なバリカン。アタッチメントの切り替え次第で、20mm~70mmまで刈り高さが選べます!この他にもスキ刈りアタッチメントも付属されているため、表面のぼかしや毛量の調節も自由自在。もちろん、水洗いも可能です。

(4)前髪カット用アイテム

①変身カットマスク

線に沿ってハサミで切るだけで、安全かつスムーズに前髪カットができるマスク。ユニークなお面のような見た目で、子どもが退屈することなくカットができます!コミュニケーションを取りながら、楽しく前髪カットができるアイテムです。

②まえがみパッツンシート

美容師さんのヒラメキから生まれたアイテム。赤い線に沿って切れば、誰でも簡単に前髪カットができますよ!前髪カットに自信のない方におすすめです。

6、ここぞという時にはプロにお任せ!おすすめの子ども向け美容院4選

普段はセルフカットでも、大切な行事の前には「子ども向け美容室」を利用するのもおすすめです!

(1)ZUSSO KIDS

1989年に誕生した子ども専用ヘアサロン。東京、名古屋、近畿、福岡に展開しています。有名デパートの子ども服フロアにある店舗は、車タイプのカット台など子どもが喜ぶ工夫が満載!スタッフの方も子どもに慣れているため、安心して任せることができますよ。

(2)チョッキンズ

こちらも、子ども専用として全国に展開しているヘアサロン。首が座ったお子様なら、ママパパが抱っこしながらカットすることもできますよ!スタイリストやスタッフは、ベビーシッターのプロからトレーニングを受けた精鋭揃い。泣いても騒いでも、安心して任せることができそうですね。

(3)アンパンマンヘアサロン(仙台・神戸)

みんな大好き!アンパンマンこどもミュージアム内にあるヘアサロン。アンパンマンと仲間達の背中に乗れば(カット台)、あっと言う間に素敵な髪型に大変身!普段は散髪が苦手なお子様も、アンパンマンと一緒ならご機嫌でカットしてくれそうですね。

(4)チョキチョキ

横浜と相模原に店舗を構える「チョキチョキ」は、チョッキンズの姉妹店!チョッキンズ同様、スタイリストやスタッフは、ベビーシッターのプロからトレーニングを受けているため、安心安全にカットすることができますよ。

(5)番外編!ママパパが通っている美容室に尋ねてみよう

お近くに子ども専用サロンがない場合は、普段ママパパが通っているサロンに、子どものカットができるか尋ねてみましょう!ほとんどの場合快く受け入れてくれますし、リーズナブルに対応してくれるサロンもありますよ。

まとめ

子どもの髪をカットするコツや、必要な道具をご紹介していきました。

最初は失敗することもあるかもしれませんが、それも経験!あまり神経質にならず、楽しみながら可愛い&カッコイイ髪型に挑戦してみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

PAGE TOP