幼児教育

手先も器用に!赤ちゃんから使える大人気のクレヨン、ベビーコロールの魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

可愛らしい形のクレヨン、ベビーコロール。

クレヨンとしてはもちろん、その独特な形、可愛らしい色、素材、ケースにも色々な魅力が満載なことをご存知ですか?さらに、お絵描きに興味を持ちだす少し前のプレお絵描き期間から、大きくなっても使えるんです

今回は、そんなベビーコロールの魅力を一挙大公開。

お子さんとの時間がもっと楽しくなること間違いなし!ベビーコロールについて先輩ママ・パパの口コミも合わせてご紹介します。

1、ベビーコロールとは?

ベビーコロールは、小さな子どもが使うための工夫が満載のクレヨンです。

本格的にお絵描きをするちょっと前の子どもでも、抵抗なく楽しむことができるので初めてのクレヨンとして人気です。

子供達が嬉しそうに遊んでいる様子が伺える動画もたくさんアップされています。

2、はじめてのクレヨンにベビーコロールを選びたい理由

それでは、どうしてベビーコロールがはじめてのクレヨンにピッタリなのか、詳しくみていきましょう!

(1)口に入れても大丈夫!素材面での安心感

小さな子どもは何でも舐めてしまうため、「クレヨンを与えるのは少し心配。」と思うママもいるでしょう。一般のクレヨンは、石油などが含まれているものもあり、口にすると心配なこともあります。

しかし、ベビーコロールは子どものことを第一に考え、科学的に安全な材料を選び抜いて作られています。その証明として、人体に害のない製品にのみ付与される「APマーク」が、ベビーコロールにはついています

出典:http://www.aozorapark.jp/products/th002.html

万が一、子供がとっさに口にくわえた!ということがあっても舐めるだけなら安心です。

ただしあくまでもクレヨンであり、食べ物ではありません。噛み砕いて飲み込んでしまうと危険なので、目を離さず注意しましょう。

(2)工夫された形の秘密と脳への刺激の秘密

コロンとした可愛らしい形のベビーコロールですが、この形、ただ可愛いだけではありません!

丸い持ち手は、まだペンを持ったことがない子どもが、しっかり握ることができるようデザインされています。特に小さな子どもは筆圧が弱く、普通の形のクレヨンではうまく描けないこともあります。

持ち手が工夫されているので、力強くなぐり書きしたり、線を引いたりすることができるのです!

さらに、この丸い持ち手を握るとき、子どもは自然に指を使おうとします。実は、この「指を使って握る」ことが、子どもにとって大変良い指先の訓練になるのです

指先の微妙な力加減を操れるようになることは脳の発達にも役立つと言われています。

さらに、後のスプーンやフォーク、お箸の握り方の練習にもなったという先輩ママの口コミもあります。

(3)ママも嬉しい汚れにくい設計

普通のクレヨンだと、気づいたら手や服、テーブルや床にまでベッタリとクレヨンが付いてしまい、掃除が一苦労ということもありますよね。

一方、ベビーコロールの魅力の一つは、手や服が汚れにくく、もし服についても洗濯で落とすことができることです

さらに、ベビーコロール自体も水洗いできるのです。床に落ちてしまった時も、さっと洗えるので、安心ですね。

子どもが想像力豊かに遊んでいる最中、「汚れるからダメ!」とハラハラしながら、何度も注意するのは、子供はもちろん親もストレス。

子どもを思いっきり遊ばせてあげられるという点も人気の秘密のようです。

(4)何歳からがOK?

ベビーコロールの対象年齢は2歳以上ですが、握る力がある程度出てきて、何かを持って遊ぶことができれば使うことができそうです。

特に1歳前後の頃は、好奇心旺盛で何でも持って遊びたがります。ベビーコロールのおもしろい形と、色彩豊かなカラーに、子どもは目を輝かせて夢中になることでしょう。

万が一飲み込んだ際の窒息のリスクを減らすため、ベビーコロールは空洞になっていますが、小さい子供が遊ぶ際は、大人が近くで見守りましょう。

3、遊び方は無限大!?まだまだあるベビーコロールの魅力

お絵描きだけでなく、ベビーコロールには楽しい遊び方が沢山あるので、ご紹介します!

(1)とりあえず持たせてみる!

子どもにベビーコロールを差し出してみましょう。カラフルな色彩と見たことのない形に、子どもは興味津々。重ねてみたり、舐めてみたり、投げてみたり、自由に楽みながら、初めて見たベビーコロールが一体何なのか、頭をフル回転させて考えます。

「何かを書くものだ」ということを親が最初から教えるのではなく、子供自身の発見する体験を親子で楽しんでみましょう

ベビーコロールが安心・安全なクレヨンだからこそ、クレヨンが何かを知らない子どもにも、いきなり持たせることができますね!

(2)ママ・パパがお絵かきしているところを見せて

ひとしきり子どもが自由に楽しんだ後は、ベビーコロールが描く道具であることを教えてあげましょう!

ママやパパが実際に紙に描くところを見せてあげれば、子どもは真似したくなるはず。大人が楽しそうに描けば、子どもはベビーコロールが楽しいものだと分かり、「自分も同じようにやってみたい!」という気持ちが強くなるでしょう

(3)一緒にお絵かき!

子どもと一緒に、ママもお絵描きしてみましょう!子どもは、好きな動物や車を描いてあげると、とても喜びます。

この時、動物の名前や鳴き声、顔のパーツの名前、車の種類など、子どもに話し掛けながら描くことで、子どもは楽しみながら学習できます

(4)色遊びをしよう!

ベビーコロールの発色の豊かさを利用して、色遊びをするのもおすすめです。

ベビーコロールと同じ色の折り紙を準備し、その上に一致する色のベビーコロールを置いていきます。

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/chouki/diary/200810240000/

この遊びは幼児教室などで行われている知育遊びの一つで、色を認識し、そして判断する高度な遊びです

最初は同じ色を選ぶことは難しいですが、繰り返すうちに一致する色が分かるようになります。赤・黄色・青など、分かりやすい色から始めてみましょう。

楽しく色の名前が覚えられるうえ、判断力も身に付くおすすめの遊びです!

(5)お片付けでも遊べる

遊び終わった後のお片付けでも遊んじゃいましょう。ベビーコロールが入っているケースは、ベビーコロール自体を重ねてパズルのように入れていけます。何個重ねているかを一緒に数えて、数の遊びもできますよ。子供は袋から出したり入れたりするのが大好き。パズル感覚で、お片付けをするのもオススメです

(6)指にはめて物語を作ろう

大人が指人形のように指にはめて、お話をしてあげると、子供は喜びます。登場人物を色にしてもいいし、爪の長い魔女のお話をしても子供は大喜び!

出典:https://tankyu-note.com/babykoror/#i-4

4、先輩ママ・パパのベビーコロールのレビューは?

ベビーコロールを実際に使用したことのある、先輩ママ・パパならではの、貴重な意見をご紹介します!

(1)壊れにくい!

“普通のクレヨンはすぐ折ってしまうので、これであれば少々乱暴な使い方でも問題ありません。”

(参考:https://review.rakuten.co.jp

ベビーコロールは、普通のクレヨンに比べ耐久性が高いのも特徴です

(2)積み木遊びもOK!

“まだペンが上手くもてない1歳5ヶ月の娘でも、ゲンコ握りで楽しくお絵かきが出来ます。また、お絵かき以外にも「はめこんで積む」あそびができるのも子供には楽しいみたいです。”

(参考:https://review.rakuten.co.jp

力の弱い小さな子どもでも、無理なくお絵描きが楽しめるのはもちろん、積み木のように重ねて遊ぶことができるのも、ベビーコロールの魅力の一つです

(3)汚れにくい!

“ふと目を離した隙にテレビやタンスに落書きされてしまい焦りましたが、おしりふきで拭いたら綺麗に消えたのでありがたいです。手も汚れないし小さいおててでも握りやすいのでいいですね。“

(参考:https://review.rakuten.co.jp

小さい子は、落書きをすることが多々ありますが、これは子どもの興味や探求心からくる行動です。ベビーコロールなら、子どもの行動を制限することなく、ある程度自由に遊ばせてあげることができますね!

(4)口に入れても安心!

“息子のお気に入りアイテムになりました♪口に入れても安心して遊ばせてあげられます”

(参考:https://review.rakuten.co.jp

安全な素材で作られているベビーコロールは、口にしても大丈夫という安心感を、多くのママが感じているようです

(5)プレゼントに喜ばれる!

“2歳になったばかりの娘用と、同じ年の男の子へプレゼント用として二つ購入しました。プレゼントでもめちゃめちゃ喜んでもらえました。娘もお気に入りで、書いたり積み木のように積んだり楽しそうです♪”

(参考:https://review.rakuten.co.jp

ベビーコロールは、プレゼントとしても最適です。

小さい子に安心して与えられるのはもちろん、ユニークな形とカラフルで可愛らしい見た目で、喜ばれること間違いなしです!

5、ベビーコロールはどこで販売されている?

ベビーコロールが販売されているお店をご紹介します。

(1)ネットショップ

ベビーコロールは、Amazonや楽天など多くの通信販売サイトでも取り扱いがあるため、近所に取り扱い店舗がない場合も購入することができます。

①Amazon

  • ベビーコロール 6Collar 価格:¥600

出典:https://www.amazon.co.jp

  • ベビーコロール 12Collar 価格:¥954

出典:https://www.amazon.co.jp

②楽天

  • ベビーコロール 6Collar 価格:¥594

出典:https://item.rakuten.co.jp

  • ベビーコロール 12Collar 価格:¥972

出典:楽天|https://item.rakuten.co.jp

※価格は、2018年1月現在に調査したもので変動する場合があります。詳しくは、出典サイトをご覧ください。

(2)取扱実店舗

ベビーコロールは、全国にある取扱店で購入することもできます。

ロフトや丸善、イオンモールなど、有名大型店舗、子供服販売店などでも取り扱っているようです。

6、ベビーコロールと同じ、安心素材で作られているおすすめクレヨン

ベビーコロール以外にも、子どもに安心な素材で作られているクレヨンがいくつかあるので、ご紹介します。

  • みつばちクレヨン 18色 価格:¥2,160

出典:https://www.amazon.co.jp

みつばちクレヨンは、食品としても利用されるミツロウを40%配合しており、その他にも、パーム油、ウコンなどの天然由来成分を中心に作られた、安心・安全なクレヨンです

ミツロウ配合のため、なめらかな描き心地が特徴です。

  • シュトックマー 蜜ろうクレヨンスティック 16色 価格:¥3,348

出典:https://www.amazon.co.jp

シュトックマーはドイツ製のクレヨン。主な成分はミツロウで、有害物質が含まれていないため、子どもが口に入れても安心です

安全性もさることながら、ヨーロッパの雰囲気を感じさせるおしゃれなパッケージも魅力の一つ。

色と色を重ね合わせて、オリジナルのカラーを楽しむこともできます。

  • くもん すくすくさんかくくれよん 14色 価格:¥863

出典:https://www.amazon.co.jp

くもん出版のすくすくさんかくくれよんは、小さい子どものために開発されたクレヨン。子どもが握りやすい太さで、三角の形をしているため、自然に正しい持ち方ができるようにサポートしてくれます

筆圧が弱くても発色が良く、尚且つ丈夫なため幼児にピッタリのクレヨンです。

※価格は、2018年1月現在に調査したもので変動する場合があります。詳しくは、出典サイトをご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

はじめてのクレヨンに最適なベビーコロール。持ち運びも便利なので、お出かけ用のグッズとしてもとても人気です。

お絵描きをしたり、重ねて遊んだり、指人形ごっこをしたり、指に全部はめて魔女になって見たり!あなたオリジナルの遊び方で、お子さんと楽しい時間を過ごしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

PAGE TOP